高血圧に対しての治験について

治験とは市販品として世間に出る前の臨床実験段階での取り組みのことであり、そこで行われるものはさまざまです。その一つに高血圧に対してのものもあります。血圧自体は遺伝や生活・ストレスなど様々な要因で上昇しますが対処法の一つに降圧剤を用いられることが多いです。実際に治験ではその降圧剤を用いてそのデータを収集するものが多いです。降圧剤も性差や体型・年齢など様々な要素で効果に差が出ます。また継続して使うことで交代ができたりなどもあるため、非常に多くの人がその適応となります。

↑PAGE TOP