炭酸水を飲んで、健康に

炭酸水とは、炭酸を含んだものであり、自然界では温泉や湧き水として存在しています。また、日本ではミネラルウォーターといえば水のことですが、欧米では炭酸水をさします。この炭酸を、外部からだけではなく、飲料水として内部からも取り入れることで、いくつかの健康効果があります。まず、炭酸は疲労物質の乳酸と結びつきやすいので、尿となって体外に排泄することで、疲労を回復する効果があります。また炭酸に含まれる二酸化炭素が血管に入ることによって、一時的に酸素欠乏になり、それを回復させようとして血流が増えるので、血行促進の効果がみられます。他には、炭酸ガスが胃や腸に届き粘膜を刺激することで、消化機能や腸のぜんどう運動が促進されるので、整腸作用があり、便秘改善などの健康効果にもつながります。

青汁という名の健康飲料

青汁という健康的な飲料がありますが、過去の日本では青汁は若い者が飲むような物ではないというレッテルが貼られていましたが、現在の日本は違います。健康ブームが盛んになり、若い者達も青汁を好んで身体に取り入れるようになりました。また、味や製造の改良に加えて、とても飲みやすく美味しい青汁がたくさん出回るようになりました。ケール・大麦若葉は基本的に配合される、青汁の原料ですが、砂糖やコラーゲン、抹茶といった物を配合するメーカーがあらわれてきていますが、日に日に飲みやすい青汁になるように改良されている様子が明らかに見受けられます。

↑PAGE TOP